スマホ老眼っぽいのでホットアイマスク買ってみた

ホットアイマスク

20年4月16日に買った商品のレビューです。(5月7日作成)
引き籠りの期間が長く続くと、スマホなどをいじる時間も自ずと長くなります。

でね、気付いたら眼が悪くなっているわけですよ。
近視も進みます。近くばかり見ているので、眼のピント機能を調整する「網様体筋」も疲れるわけですよ。

網様体筋の緊張を緩めるためには、遠くを見たり近くを見たりするとか、ピンホールゴーグルを使うとか、色々あると思います。

レンジでタオルを温めて乗せるのもやったのですが、すぐ冷めます。
温かさが持続すれば眼のスッキリ感は強いんですけどね。

人間は基本ものぐさな生き物です。
「めんどくさくなく、いかに眼の疲れをとるか」を考えたら、電気で温まるホットマスクがないかなと発想し、気付いたらAmazonでポチってました。
届いたのが、以下の物です。

なんで、この柄で作ったのか分からないですけどもね笑
宇宙みたいなイメージにしたかったのかな。
かけていて柄が見えるわけじゃないですからね。

まぁいいや。

操作は簡単です。コントローラー部分を本体に付けて、USBから電源を取り、スイッチを入れるだけです。
本体が充電できるわけではないので、もし外で使いたくなったら充電器が必要ですね。
電源スイッチを押すと

ランプが光り、温かさを切り替えることが出来ます。「赤→緑→青」の順に変わります。赤が一番温かくなります。
※火傷防止のためでしょうか、寝る時には使わないで下さいとのことです。
連続使用は1時間で電源が落ちます。

上の様に、左サイドの部分に電源スイッチのコードをくっつけます。
使った感想は、普通に気持ちが良いです(語彙力)

ただ、気持ちよくて、寝そうになるので、そこだけは注意ですね。
使っていて思ったのは、これを使いながらスマホ見れたらいいなと思ったことです。
眼球の周囲が温まればいいわけだから、真ん中の部分がなくてもいけるよね。
あ、ただそれだと、網様体筋が緊張したままになるか笑

結果、全体的に良好です。可もなく不可もなくですね。
気持ち良さだけ考えたら、瞬間的な温かさになりますが、タオルに軍配が挙がるかなぁ。

自粛中の最近は、なるべく眼の筋肉が疲れすぎないように、メガドライブミニをTVでやったり、AmazonプライムやYouTubeをファイヤTV(また紹介します)を使ってTVで観たりしてます。

※追記21年3月1日 最近はTVなどでもスマホ老眼などの言葉が出てきていますが、僕も例にもれずスクリーン漬けになってますので眼が見えにくくなってきたなとおもっていたのですが、これを使った後はボンヤリ→クッキリになる気がします(個人の感想)ので、少し継続して使っていきたいと思っています。

Amazonレビューについて

21年3月1日記述
僕は色々とAmazonで買ってますが、Amazonで購入すると購入した商品と一緒に「買った商品を5つ星レビューを投稿すると、~がもらえます。」という書き物の同梱が最近増えてきているので、そこも考慮した上でAmazonでの買い物を楽しんで欲しいです。
本当は物で釣るのは禁止にした方が正しいレビューを読めると思います。
でも、貰えるものがバッテリーだったり良い物も多いので、物に釣られて書いちゃう自分もいます汗