シリコンバレー式自分を変える最強の食事を読んでみた

だいぶ前に買ってた本をダイエットの機会に読んでみました。
ほぼ積読になっていたのですよ。
やはり知識の吸収は自分が困ってる時が一番ですね。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事
この本はダイエットのモチベーションを上げてくれるので、お勧めです。

※この中に出てくる「完全無欠コーヒー」とは、無糖コーヒーにバターとMCTオイルを加えたものになります。
最後の方のページにレシピ集が載ってるのですが、「完全無欠コーヒー」と「バターコーヒー」両方のレシピが載ってますので、両者は別のものみたいです。

本書に出てくる完全無欠コーヒーは空腹を紛らわし、頭をスッキリさせてくれることにも役立つと言われています。

バターとMCTオイルの効能、炭水化物を食べる時間帯など

➀バター→酪酸塩が良い。

太ったマウスに与えたら血中コレステロール値を25%下げ、中性脂肪を減らし、インスリン感受性を300%と桁外れに高めた。

そして、人間に対しては、脳の炎症さえも軽減することが証明されているとのことです。

※バターはグラスフェッドのバターが良いとのこと。(草を食べて育った牛のバターのこと)

②人間の細胞、臓器、脳はどれも脂肪でできており、最適な働きをするには良質の脂肪が必要。

※脂肪は、神経の電気を効率的に流すミエリンという神経線維の髄鞘の主成分でもある。

ミエリンが増えれば文字通り頭の回転が速くなる。

③MCTオイルは脳の燃料となるケトン体にただちに転換されるうえ、睡眠中に体脂肪の燃焼も助けてくれる。

消化・吸収後の経路が異なるため、MCTは、一般的な油に比べて、4~5倍も速く分解され、短時間でエネルギーになることが特長です。

日清オイリオHPより

※ココナッツオイルには、約60%の中鎖脂肪酸が含まれてます。MCTオイルは、100%中鎖脂肪酸でできているオイルです。

④運動なしでも「引き締まった体」になれる。

炭水化物の制限はケトーシス状態を生み出す効果的な方法だが、MCTオイルもまた、炭水化物を過度に制限しなくても体内に有用な量のケトン体を急速にもたらしてくれる。

ケトーシスは脂肪を燃やし減量するのに役立つのに加えて、スタミナも強化する。

脳がケトン体をエネルギーとしているときには集中力が増し、血糖値が安定する。

以前は脳の栄養はブドウ糖って言われてた時代がありましたよね。
確かにそうなんでしょうけど、僕は糖質を摂ることで「頭がぼーっとして眠くなる体質」なので、集中したい時は逆効果になります。
脳には、糖質が分解されてできたブドウ糖、あとは脂肪が分解されてできた「ケトン体」が栄養すると最近は言われています。

血液脳関門ってところを、その二つは通過できるらしいです。
マニアックな話だけどね。

⑤炭水化物は「夜」に摂ると寝やすい。

→体をリラックスさせて睡眠へ導く「セロトニン」の生成に、でんぷんと糖が使われること。

<まとめ>
バターの酪酸塩と、MCTオイルの中鎖脂肪酸は脂肪分解効果があり、脳の働きも良くする。
炭水化物は夜摂るのが寝やすくなるので吉って感じです。

運動のことも書いておきます

運動の項目にも、筋トレのことなども含めて色々と書いてあるのですが、僕が超個人的に興味を持ったことを1つ書いておきます。

「30秒走り、90秒休みまた30秒走る」のループを15分やると、ヒト成長ホルモンがたっぷり出るとあります。
いわゆるインターバルトレーニング的だよね。

週一度でいいみたいで、毎日1時間ジョギングするより心肺機能が良くなるとあります。(最低10分でいいらしいです)
相当きついですけどね笑

今度、公園行った時に、懸垂ついでにやってみようかな。
私服でダッシュしてたら相当変な人に見られそうだけどね。

※成長ホルモンは筋トレでも出ますので、通常はそちらがお勧めでしょうね。アンチエイジング効果になります。

完全無欠コーヒーの作り方

※作る際に知っておかないと危険なことがありますので、最後まで読んでから作って下さい。

本には、「完全無欠コーヒー」と「バターコーヒー」のレシピが最後の方に、両方載ってるんですよね。
本文とはだいぶ違いますが、ざっくりまとめると、

「完全無欠コーヒー」→無糖コーヒー+グラスフェッドの無塩バター+MCTオイル
※無糖コーヒー2杯に対して、バター大さじ2まで、MCTオイル大さじ2までで、空腹感により調整と書いてあるので、コーヒー1杯であれば、その半分以下でいいということでしょうか。

僕は最初からMCTオイルを多く入れて、数時間猛烈にお腹が痛くなったので、最初からの摂り過ぎは注意した方がいいと思います。

「バターコーヒー」→無糖コーヒー+良質の無塩バター、ココナッツオイルで、分量は先ほどと同じとのことです。

しかし、ダイエットや頭の回転を考えていくのであれば、この本のタイトルにもなってる完全無欠コーヒーを試した方が良いと思います。

僕はアバウトに作ってます。

まず、ドラッグストアーでMCTオイルを買ってありましたので、それと、この「北海道乳業バター」を混ぜて飲んでいました。バターって結構高いですよね。

で、これだと2つを混ぜないといけない&バターの値段が高いので、通販で下の「ギー & MCTオイル 大容量300g 」を買いました。 

これはバターとMCTオイルがミックスされたものになりますので、これに何かを混ぜる必要がないのでだいぶ楽です。

※僕の経験では、バターを入れすぎて「お腹がもたれる感じ」が出たのと、MCTオイルを入れすぎて「猛烈にお腹が痛くなった」ことがありますので、少量から始めてください。

僕はMCTオイルは小さじ半分から、下の「ギー」の商品だと大さじ半分ぐらいからが丁度いい感じでした。

MCTオイルは液状なのでそのまま入れると入れすぎるおそれがあるので、スプーンで入れた方が良いと思います。

【混ぜるだけでバターコーヒー】 ギー & MCTオイル 大容量300g エブリディ・バターコーヒー

大容量300g【コーヒーに混ぜるだけで、バターコーヒーが簡単に】【お客様のお好みにより、本商品5gから15gをコーヒーに混ぜてお楽しみ下さい】ギーオイルとMCTオイルを50%:50%でブレンド。ギーはグラスフェッド・ギー/オランダ産、MCTオイル/シンガポール産 「常温」時はおおむね半液体/「寒冷期」または「冷蔵庫」に入れるとクリーム状になります。常温で保管できますが、クリーム状の方が使い勝手において便利とお感じになる方には、冷蔵をおすすめします。 【ギー】本商品のギーは、牧草だけで育った牛から取れるグラスフェッドバターを18時間以上煮詰めて精製し、タンパク質・水分・不純物を取り除いています(EUオーガニック認証)【MCTオイル】 中鎖脂肪酸割合100%(C8:約60% C10:約40%)ココナッツ由来100% シンガポール産

商品説明より

無糖コーヒーに「ギー+MCTオイル」を入れ、下の「泡立て器」でかき混ぜます。

GOSCIEN ミルク泡立て器 ハンドヘルド 電動牛乳 泡立て器 卵 コーヒー ミルク ミニコーヒー攪拌機 – MFB1501B

僕は2000円ぐらいかけて上のを買いましたが、100均でもあるという情報をネットで見ましたので、探してみてもいいかもしれませんね。(なかったらすいません。)

※僕はプロテインシェーカーに無糖珈琲の粉を入れて作ってますが、容器が浅いと攪拌した時に「熱い珈琲が飛び散ります」ので注意してください!!

うん、マグカップでは作れないね。

あと、ネットで読んだ情報でバター珈琲を作る際に、「プロテインシェイカーで蓋をして振ったら、噴き出して超危険!!」という体験談が載ってましたので振らないで下さい。僕はあくまで容器として使ってるだけです。
シェイカーはプラなので、本当は作る際に使うのは良くないんでしょうけどね汗

※一時、めんどくさくてスプーンでそのまま混ぜてましたが、本に書いてある正しいやり方は「泡だて器」を使いしっかりと脂肪を溶かす、「ミセル化する」ことが大事とのことです。
なんか、そっちの方が「より」満腹感が出る感じもします。

中鎖脂肪酸の説明・・ココナッツオイルにも中鎖脂肪酸が入ってる

最初の説明と少し重複します。

ココナッツオイルも中鎖脂肪酸を含むので、見込まれる効果効能を書いておきます。

➀食欲減少、脂肪燃焼の促進効果
→腹部や臓器の周囲に溜まる腹部脂肪の減少に特に効果があるという実験結果も出ている。

中鎖脂肪酸→脂肪燃焼を促進し素早くエネルギーになる。

②アルツハイマー型認知症の症状軽減効果
→中鎖脂肪酸は、分解されると一部が「ケトン体」となる。

この「ケトン体」はアルツハイマーの方の脳のエネルギーとして注目される物質で、実際にココナッツオイル摂取で認知機能の改善が認められているそうです。


などと、体にも脳にも良さげなわけですね。
実は、数年前にココナッツオイルを使ったことがあるのですが、その時はお腹を壊し数日で辞めた経験があります。

今思えば、MCTオイルでも摂りすぎでお腹を壊してるので、量を減らしたらどうだったかなというところですね。

MCTオイルもココナッツオイルも「中鎖脂肪酸」が含まれているのですが、医師の宗田哲男先生のMCTオイルの本を読むと、作用の継続時間などが異なるらしいですね。
うん、マニアックだ。

僕は、完全無欠コーヒーは朝や昼に飲んで、頭を使う時は「無糖の珈琲」にMCTオイルを足して飲んでます。

最初はドラッグストアで買いましたが、下のは500mlでAmazonで2000円ぐらいで買えましたので、今現在は下のも使ってます。

ファンクティア MCTオイル【ジャンボサイズ】大容量 500ml 中鎖脂肪酸オイル(原材料ココナッツ由来100%) functia MCT Oil 500ml Medium Chain Triglyceride Oil (From Coconut 100%) チブギス CIVGIS

※3本セットも売ってるみたいですね。それだと1本あたり1560円になりそうです。(20年4月7日現在)

必ず少量から試してください。小さじ半分ぐらいからでもいいと思います。
そのまま入れると、量が多くなりがちなので、小さじや大さじで必ず入れた量を把握してください。

何度も書きますが、MCTオイルをそのまま入れたら、入れすぎたのか猛烈に数時間お腹が痛くなりました。

良かった。仕事の休みの日で。

それではまた!