Xiaomi Miband4スマートウォッチを買ってみた 

追記20・9・24

20年3月 最近、勝間和代さんのYouTube動画をよく見るのですが、その中で勝間さんの話題によく出るのが、健康の話と「運動の優先順位を上げよう」という話なのです。
僕自身、意識が変わる最近までは筋トレを1部位につき、少ない時は週1でやるぐらいでした。

それが、だんだんと意識が変わってきて(お腹が出てきた為)、そのタイミングで勝間さんの動画にも出会ったわけですね。

動画の中でスマートウォッチの話が出てきまして、歩行を可視化する大事さが分かりました。
最近、デスクワークも多く、座ってる時間が多いとは思っていたんですよね。

20年1月25日の時点で62、6kgの記録が残ってますが、63kgまでいった覚えがあります(記録に残してなかった)
これね、人生最大に重いわけですよ。

このままではいけないと思い、出来ることは全てやってみようということで、「大嫌い」な有酸素運動もやることにしました。

目標は「体重を落とす」ということではなく、できるだけ筋肉は落とさずに、お腹の「体脂肪」を落としたいわけです。

※体重だけを落とすのであれば、食べなければいいだけなのですが、それだと「筋肉と体脂肪」の両方が落ち、かっこ悪い体型になりますし、俗に言う「リバウンド」しやすい体になります。

スマートバンドを買う

とりあえず、使い続けられるかどうかは置いといて、興味が出た時がやり時だと思ったので、調べてみました。
「価格ドットコム」で調べると、上位に食い込んでいたのが、僕が買った「 Xiaomi Miband4 シャオミ スマートウォッチ」なのですよ。
金額も僕が購入当時(20年2月時点)で4000円ぐらいです。

↑追記・・現在21年3月1日ですが、調べると「4」は僕が買った時より800円ぐらい安くなってますね。僕が買ったのと同じやつなのかな?
今だと「5」が出ていてベストセラーになってますので、興味がある方は「5」を調べた方が良さそうです。だから「4」の値段が下がっているのかな。「5」は少しお高い公式日本語版っていうのもあるんですね。普通の5とどう違うんだろう。ベストセラーになっているのは3000円後半の方なんですけどね。


話を戻しますが、届いたのがこんな感じです。

この画面はスマートフォンで何十種類もの中から好きな物を選べます。
猫の画面のとかもあったのですが、文字が見にくかったため、シンプルなもので落ち着きました。
歩数と心拍数が出ていますね。

こんな画面にできたり

こんな画面にできたりします。

通知関係はかんな感じです。全てオフのままでした笑

画面を上下にスライドすることで、色々な項目が出てきます。
これは「ワークアウト」ですね。
ここをタッチすると、どんな運動を「これからするか」を選べます。

僕はウォーキングをするので、ここを選択します。
スマホをGPS接続されていると、距離も出るわけですね。
僕はめんどうなので、そのまま歩いてます。
そのままでも、もちろん「歩数と歩行時間」はカウントされています。

一応、筋トレの項目もあるのですが、何をどうカウントしてるのか、分からなかったので、最初の数回以外は使ってません。
※筋トレの記録はノートにとっています。

でね。以外にも使えそうなのが、睡眠の質カウンターなのですよ。
スマートウォッチをしたまま寝ると、下の画面のように深い睡眠と浅い睡眠を教えてくれます。

睡眠は長くとれた日だったのに、深い睡眠が少ないと注意されました汗
ここは今後の僕の改善ポイントですね。

グラフで睡眠時間を見ることが出来るので、最近の睡眠の状態が一目瞭然ですね。
面白いのはわりと睡眠時間が少ないって思っていても深い睡眠が得られてる時が多いことですね。

天気や心拍数も見れるのですが、僕が主に使ってる機能、そして買って良かったポイントは次のような感じです。

買って良かったポイント

➀歩数
→万歩計の変わりですね。
※施術中に付けたら、終わったら800歩加算されてました笑
どんだけ手を動かしてるんだよっていうね。
もちろん、それからは外してます。
頭を洗う時とか、髪を乾かす時もカウントが進みやすい感じがするので外してますが、面倒なので、その分を考慮しておけばいいのかな。

②ウォーキング時の分数、歩数のカウント


③睡眠の記録
→これが意外にも良いのですよ。
何時間寝ていて、その内訳が「浅い睡眠」と「深い睡眠」が何分というように教えてくれます。

④充電がたまにでいい
→以前持っていたのが、だいぶ前に発売されたエプソンのものだったのですが、とにかく充電を数日に一回はしないといけなかったので、数年前のと比べてはいけないのは分かりますが、すごい進歩です。

一回満充電すると、2週間以上は軽くもつ感じです。
たまにでいいので、正直充電すること自体を忘れそうです笑  

☆20・9・24追記 最近知ったのですが、脈拍の検知する時間を1分単位などで細かく設定できるんですが、その設定にすると充電が早くなくなりますが、2週間ぐらいはもちそうな感じです。
スロージョギングを、ここ1週間ぐらい気まぐれでやり始めたのですが、その時の脈拍の変動を知りたくて「脈拍の検知を1分ごと」に今はしています。
スロージョギングはまた機会がありましたら書いていきたいと思います。

これが以前使っていたものです。もう5、6年は経つと思うのですが、当時は画期的だったんですよね。2万円ぐらいはしたと思います。
それが今では数千円から買えるとはね。時代の進歩ってすごいですね。

⑤軽いので付けてる感じがしない


不満点も書いておきますね。

不満点

➀手につけるので、手を動かしてる時は付けたままだと、かなり歩数が進んでいる。

頭を洗う時とかに付けてたりすると結構進みます汗

②文字が小さい
→これが許容出来れば買いに踏み切る人も多そう。
☆文字盤の絵を設定で選べるのですが、文字が小さい文字盤も多いので、それだとかなり眼が疲れます( ;∀;)
消費カロリーが分かる文字盤もあるのですが、文字が小さいんですよね。
ウォーキング中に時間が見れないなと思っていたら、上の方に小さく、ちょこんと表示されているのですが、かなり見にくいです汗

③画面に文字が出ている時間が短い
→画面が出て、何も操作をしないと3秒ぐらいで消えます笑
※だから、バッテリー持ちがいいっていうのもありますけどね。

④追記 洗髪時に付けていたせいか、気付いたらなぜか「トレッドミル」の計測がされていた。
1時間以上走り続けている計測になっていました。
トレッドミルなんて、全くしてないのに。。

※トレッドミル→屋内でランニングやウォーキングを行うための健康器具。


不満点もありますが、入門編としてはおおむね良好といったところでしょうか。←上から
というか、大満足ですね笑

スマートウォッチは、僕の日頃の運動意識を高めてくれるアイテムになりそうです。

スマートウォッチのバンドを交換してみた

20年5月7日
こんばんは!自粛中いかがお過ごしでしょうか。
やる事がなくなってきてませんでしょうか?
自粛疲れしてきてませんでしょうか?
あと3週間はありますからね。暇を感じないように色々としていきたいところです。

最近の僕
筋トレ→ウオーキング→時々メガドラミニ
→YouTubeやAmazonプライム →ネットサーフィン
→ブログ更新
などのループです。
TVで映画を流しながら、作業するのも良いですね。
Amazonプライムの「マスカレードホテル」を流しながらとかね。
東野圭吾さんの作品ですが、良い感じに再現されていて良かったです。

ブログは集中すると、4時間ぐらいあっという間に過ぎてますからね。結構良い暇つぶしになりますよ。

本題に入ります。
僕が持っているスマートバンドが下のになります。(以前の記事に書いてあります)

軽くて付けてる感じがしなく、充電もたまにで良いので、すごく気に入っているのですが、見た目がスポーティーでカジュアル過ぎるのですよ。

そこで、Amazonで発見したのが、以下の「替えのバンド」です。
Amazonは何でも売ってるのね。すごいね。

届いたのはこんな感じです。

※色はシルバー、ブラック、ローズゴールドの3種類から選べます。
ブレスレット部分は三珠、二珠の2種類から選べます。
僕は「シルバー」の「三珠」にしました。

開けるとこんな感じ。

スマートバンドの時計部分を取り外して、くっつけるわけですね。
最初、早とちりして、「サイズが合わない!!ミスった!!!」って思ったのですが、そうではなくて、「付属で付いてきたゴム」を本体にくっつけてから、本体に取り付けるとピッタリでした!!

付属してきた青い物体はベルトの長さ調整に使うものでした笑

良い感じですね。
カジュアル→カッチリに変化しました。

横から見るとこんな感じです。

不満点

➀スマートバンドを充電する時に、ゴムの部分を取り外してからの充電になるので、その手間がめんどくさい。

②ステンレスチールという材質らしいので、防水機能がないと思われるので、お風呂に入る時に取り外すのがめんどくさい。 
→最近はそのまま入ってます。拭けばいいだけだよね。

以上です。

どんだけ、ものぐさ君だよって感じですよね笑

まぁ、格好良いので買って良かったですよ。

それではまた!